ホーム アンティーク
盤双六
古代
中国の『隋書』の東夷伝の倭国(日本)のことを書いた文書に
『棋博・握槊・樗蒲の戯を好む。』という記述があり、
この握槊が双六の事であると考えられている。
隋は581年から618年まで存在していた。
日本では、「日本書紀」に天武天皇の十四年(681)に
『辛酉に天皇大安殿に御して王卿等を殿の前に喚して博戯せしむ。』
とあり、この博戯も双六だと考えられている。
その8年後の持統天皇の三年(689)には
『十二月己酉朔丙辰。禁断雙六。』(「日本書紀」)と、
日本最古の双六の禁令が出されている。双六が賭博として
盛んになったためであろうと考えられる。
双六の禁令その後も天宝勝宝六年(754)に孝謙天皇の勅として
出されるほか、幾度も出されている。博戯として遊ばれ続けたと
考えられる。源氏物語、枕草子、徒然草にも双六が登場する。
中世
鎌倉時代には『徒然草』などの随筆、『明月記』などの日記、
『古今著聞集』『今昔物語集』『宇治拾遺物語』などの説話集、
『吾妻鏡』『平治物語』などの歴史書にも登場する。
室町時代には『看聞御記』『言継卿記』などの公家の日記に登場する。
双六を打ったという記述は前者に数十回、後者には数百回登場する。
ただいずれも登場するのは双六という言葉や双六をしたと言う記録だけで
あって、その遊戯法などの記述は見られない。
文安三(1446)年に編纂された辞書である『あい嚢抄(あいのうしょう)』
には用具とその寸法が記載されている。
近世
戦国時代、安土桃山時代には南蛮貿易によって西洋の双六、
バックギャモンが日本に伝来している。日本国内で道具が作成された形跡は
あるが流行したというような記録は見られない。
江戸時代にも日記、物語、随筆など様々な史料に登場するが、
ほとんど遊ばれなくなった。江戸時代後期の文化八(1811)年に
『双陸独稽古』、文政十(1827)年に『双陸錦嚢抄』という双六の専門書が
大原芳蔵菊雄によって書かれている。
近代
明治に入ると遊戯の専門書が何冊も出版され、盤双六の記述が記載されている
ものもある。また再びバックギャモンが伝えられる。明治に入って
西洋よりバックギャモンが伝わったため、完全に姿を消したといって良い。